一人暮らしの節約では、今までの自分の経験を通して学んだことを紹介します。役に立つこともあると思うので、あなたの一人暮らし生活の参考にしていただけたらと思います。

一人暮らしの洗濯回数

油汚れは専用洗剤で決まった用量を守って、マメに拭くしかありません。15分〜30分でもつけおきしてからこすると、汚れが落ちやすくなりますし、無理に強くこする事で生じる傷も防げます。一人暮らしの大敵、ダニやゴキブリなど害虫は専用の薬剤を使って定期的に駆除するのがオススメです。煙が出るタイプの物を使って外出時にやっつけます。一人暮らしではこまめにやった方がいいと思います。

一人暮らしの大敵

帰宅したら空気の換気、死骸の除去のため隅々まで掃除機をかける必要があるので、ちょっとした大掃除にもなります。ついでに不要なものも処分できるので、一人暮らしの方にとって絶好のチャンスです。洗濯に関しては人にもよりますが、毎日しなくても日常着る物の数を多めに用意することで回数を減らせます。一人暮らしでは洗濯回数が減れば、水道代の節約になります。ひどい汚れやしみになりそうな部分は、その日の内に専用の洗濯石鹸で部分洗いしておけばよいのです。

色落ちは気をつけたいので、大切な衣類は洗濯機では洗わない方が無難でしょう。一人暮らしではなかなか外に干せませんが、太陽が出ているときによくシワを伸ばして干したいものです。ハンガーも利用してアイロンをかける手間を省くのも、一人暮らしの知恵です。自分で洗えないものはクリーニング屋に持っていき、汚れがひどい部分は店員さんに伝えておきましょう。収納の際は隙間をきちんと確保して、防虫剤や湿気取りなども使います。

Copyright 一人暮らしの節約 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します